Hanshin Partners / 阪神合同法律事務所

1969年設立の阪神地域で最も歴史のある法律事務所です。

HOME > 企業法務

〈企業のあらゆるニーズに対応〉

 当事務所の企業法務部門は,当事務所の強みである医療法務及び労働事件処理を通じて得たノウハウを活かし,これまで,多数の企業の対外的・対内的紛争の予防・回避・解決に貢献してきました。
 平成26年1月からは,企業法務部門の機能をさらに高め,中小企業の海外展開支援等,企業の攻めの姿勢をバックアップできるようになった他,企業のあらゆるニーズに対応できる体制が整いました。

会社法一般

株主総会、企業の社会的責任(CSR)、コンプライアンス、企業防衛など会社経営の全般に関する問題

株主代表訴訟
M&A・企業再編

M&A、事業譲渡、会社分割などの問題

事業承継
契約法・商取引

契約書の作成・検討、商取引の問題、手形小切手、銀行取引などの問題

債権保全・債権回収

債権の保全、回収、競売、担保権実行などの問題

個人事業主・法人倒産

会社破産・会社更生・民事再生・特別清算を含む。中規模以上の法人が倒産する場合の問題にも対応可能

独占禁止法

独占禁止法に関する法律問題

知的財産権

商標法・不正競争防止法に関する法律問題

労働事件(使用者側)

解雇、労働条件など労働事件一般に関して、使用者側の問題

労災事故

業務上の災害に関する問題

国際的商取引

海外との商取引の問題全般